スッキリ | 日本全国の整体院・カイロを紹介 http://sukkiri.tttown.jp 「スッキリ」は日本全国の整体院・カイロプラクティックを紹介するサイトです。無料会員登録すれば、自由に情報掲載して頂けます。 rss, feeds, in, php © sukkiri.tttown.jp 三軒茶屋の整体なら医師と提携で安心のあおば整体院 http://sukkiri.tttown.jp/link/detail/link_id/130244/ 世田谷区で唯一の『トライアングル整体』8つの検査データをもとに、あなたの症状に合わせた施術計画を作成。医療のプロ3人が体制そして3つのアプローチ法で、あなたの不調をしっかりと改善します。 Thu, 28 Apr 2022 15:05:55 +0900 全国の医院 様々な痛みがなくなる http://sukkiri.tttown.jp/link/detail/link_id/130213/ どこにいっても治らなかった痛みが改善。薬を飲んでも変わらない病院でリハビリしたけどストレッチやヨガなどの体操しても変わらないどこに行っていいかわからないそんな方におすすめです。他ではない特別な施術をしてくれます。 Thu, 07 Apr 2022 14:29:29 +0900 全国の医院 ヨシダカイロプラクティックオフィス http://sukkiri.tttown.jp/link/detail/link_id/120680/ 旭川市豊岡の整体院『ヨシダカイロプラクティック』施術者1名で運営していますが小さいながらもきめ細かな気配りを心がけ安心安全なお店を目指しています。 Mon, 14 Mar 2022 16:12:04 +0900 全国の医院 ライフロング http://sukkiri.tttown.jp/link/detail/link_id/130193/ 身体の痛み、怪我の治療でお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。海外で学んだ運動療法をもとに、一人一人の身体に合わせた専用プログラムで改善へと導きます。痛みに悩まされず、健康な身体で人生を今まで以上に楽しんでください。 Tue, 01 Feb 2022 15:56:13 +0900 全国の医院 骨盤矯正と肩こり改善 スミティ http://sukkiri.tttown.jp/link/detail/link_id/120613/ 武蔵野線「三郷駅」から徒歩3分、骨盤矯正、ガンコな肩こりや、ギックリ腰、アロマオイルトリートメント等のトータルボディケアサービスです。日常生活に支障をきたす骨盤のズレ、お腹が固い方etc,.改善致します。 Mon, 22 Nov 2021 18:47:26 +0900 全国の医院 施術のおかげで見違えるほど身体 http://sukkiri.tttown.jp/comment/detail/id/4597/ 施術のおかげで見違えるほど身体が軽くなりました。久しぶりに会った友人達に、「綺麗になったね」「顔がちいさくなった!?」などと言われるようになり、毎日がウキウキしています! Thu, 09 Mar 2017 22:45:14 +0900 口コミ 施術中終わりすぐに身体に効いて http://sukkiri.tttown.jp/comment/detail/id/4559/ 施術中終わりすぐに身体に効いていると自分で感じれます!こんなにはやく成果がでるなんて驚きです。 Wed, 01 Mar 2017 22:02:27 +0900 口コミ 施術中に教えていただける自宅で http://sukkiri.tttown.jp/comment/detail/id/4539/ 施術中に教えていただける自宅でもできるストレッチ!家でも簡単にできるので楽しいです(^^♪メダカも可愛い^^ Fri, 24 Feb 2017 23:39:04 +0900 口コミ 会社の同僚の勧めでクラーレさん http://sukkiri.tttown.jp/comment/detail/id/4522/ 会社の同僚の勧めでクラーレさんへ行きました。PCを扱う仕事をしているため、肩こりや腰痛に悩んでいました。クラーレさんに行ってみて、自分の身体が限界に近付いていると気づきました。通っていくうちに、身体が軽くなっていくのが感じられ本当に嬉しく思っています。 Mon, 20 Feb 2017 22:05:29 +0900 口コミ クラーレさんの施術は聞いていた http://sukkiri.tttown.jp/comment/detail/id/4498/ クラーレさんの施術は聞いていた通りすごい効き目でした!また行かせていただきます! Fri, 17 Feb 2017 23:59:40 +0900 口コミ 四十肩・五十肩にさらに効果の高い『腱賦活術』を考案しました http://sukkiri.tttown.jp/report/detail/report_id/3072/ lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;このところのlt;stronggt;四十肩・五十肩lt;/stronggt;の傾向としては、肩を動かし続けたというよりは、lt;br /gt;肩を動かさずに固定して、手先を細かく動かす、同じ動作を繰り返ししたことで、lt;br /gt;腕の付け根の腱がlt;stronggt;lt;span style=quot;color: #ff0000;quot;gt;痙攣lt;/spangt;lt;/stronggt;を起こし、肩が固まったタイプのものが多いようです。lt;br /gt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000;quot;gt;二lt;/spangt;の腕の付け根の腱が痙攣すると、腱が付着する肩関節の動きが悪くなり、lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt; やがて動かすと痛みが生じる様になり、酷くなると肩が動かせなくなります。lt;br /gt;lt;br /gt;lt;/spangt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;同じ体勢や繰り返し動作で、筋肉に張力が掛かり続けた場合は、lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;張力のlt;span style=quot;color: #0000ff; background-color: #ffffff;quot;gt;lt;stronggt;センサーlt;/stronggt;lt;/spangt;の働きを担う腱の部分で 痙攣を引き起こします。lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt; 腱は、関節を構成する骨に付着するので、痙攣すると関節の動きを悪くさせますlt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;lt;stronggt;lt;br /gt;lt;/stronggt;私が、著書lt;stronggt; 『lt;span style=quot;color: #0000ff;quot;gt;指ではじくだけで肩の痛みが治る!江戸の秘術から生まれた凄ワザlt;/spangt;』lt;br /gt;lt;/stronggt;の中で解説しているように、lt;stronggt;上腕二頭筋lt;/stronggt;の腱やlt;stronggt;棘上筋lt;/stronggt;の腱を弾くとlt;br /gt;徐々に肩の痙攣が解除され、lt;/spangt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;痛みや動きの制限が改善されます。lt;br /gt;初期や軽度のものは、このlt;stronggt;lt;span style=quot;color: #0000ff;quot;gt;腱賦活術lt;/spangt;lt;/stronggt;で十分事足ります。lt;/spangt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt; しかし、四十肩・五十肩の程度が進むと、lt;/spangt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;頭を洗う、頭髪を梳く等のlt;span style=quot;color: #ff0000; background-color: #ffffff;quot;gt;lt;stronggt;内旋動作lt;/stronggt;lt;/spangt;やlt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000;quot;gt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt; 背中を洗う・背中を掻く、ブラのホックを止めるlt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;等のlt;span style=quot;color: #ff0000; background-color: #ffffff;quot;gt;lt;stronggt;外旋動作lt;/stronggt;lt;/spangt;がlt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;やり難くなります。lt;br /gt;lt;br /gt;このような状態のものを早く改善に導くには、lt;span style=quot;font-size: medium;quot;gt;二の腕を内に捻じる筋肉であるlt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;lt;span style=quot;color: #339966;quot;gt;lt;stronggt;肩甲下筋lt;/stronggt;lt;/spangt;と、lt;br /gt;lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;二の腕を外に捻じる筋肉であるlt;span style=quot;color: #339966;quot;gt;lt;stronggt;棘下筋の腱lt;/stronggt;lt;/spangt;を弾くのを、本に紹介したlt;span style=quot;color: #0000ff;quot;gt;lt;stronggt;四十肩・五十肩の腱賦活術lt;/stronggt;lt;/spangt;にlt;br /gt;加えていくとよいのです。lt;/spangt;lt;br /gt;lt;/spangt;lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: medium;quot;gt;実は、lt;stronggt;四十肩・五十肩lt;/stronggt;に、lt;span style=quot;background-color: #ffffff;quot;gt;lt;stronggt;肩甲下筋を緩めると良い事lt;/stronggt;lt;/spangt;は治療師に知られていますが、lt;br /gt;lt;/spangt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt; 深部にある筋なので、簡単には緩め難いのです。lt;/spangt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt; 本などに書かれている腋の部分にある肩甲下筋の筋腹を押さえる、揉む等の方法は、lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000;quot;gt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;きつい痛みを伴う割に緩みにくく、何とか腱を弾く方法ができないかと lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;試行錯誤しました。lt;/spangt;lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000;quot;gt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;lt;br /gt;その結果、lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;lt;stronggt;肩甲下筋が上腕骨に付く部位の腱lt;/stronggt;lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;を弾く方法-lt;stronggt;lt;span style=quot;color: #0000ff;quot;gt;肩甲下筋と棘下筋の腱賦活術lt;/spangt;lt;/stronggt;をlt;br /gt;編み出しました。lt;/spangt;lt;/spangt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;肩甲下筋や棘下筋の腱を弾いた途端に、内旋・外旋の可動が大きくなり、lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;lt;stronggt;lt;span style=quot;color: #ff00ff;quot;gt; 手が後ろや反対の肩に回せるようになるlt;/spangt;lt;/stronggt;方も、格段に多くなりました。lt;br /gt;lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;lt;span style=quot;color: #0000ff;quot;gt;lt;span style=quot;color: #000000;quot;gt; 数か月もの間、五十肩に苦しんでいるという方にこの最新のlt;/spangt;lt;stronggt;腱賦活術lt;/stronggt;lt;span style=quot;color: #000000;quot;gt;を行うと、lt;/spangt;lt;/spangt;lt;br /gt;「弾いた翌朝、久しぶりに肩が固まらず、何ヶ月ぶりかですんなりと起き上がれた」lt;br /gt;と、喜んでいただけました。lt;/spangt;lt;span style=quot;color: #0000ff;quot;gt;lt;span style=quot;color: #000000; font-size: 12pt;quot;gt;lt;br /gt;lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 12pt;quot;gt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;/spangt;lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;color: #000000;quot;gt;amp;nbsp;lt;/spangt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;br /gt; Wed, 06 Jul 2016 00:00:00 +0900 ライターコラム 指ではじくだけで肩の痛みが治る!江戸の秘術から生まれた凄ワザ http://sukkiri.tttown.jp/report/detail/report_id/2780/ lt;pgt;私の初めての著書が、2015年12月に自由国民社より出版されました。lt;br /gt;本書ではまず、パソコン、スマホの使いすぎによる四十肩、腱鞘炎、テニス肘、顎関節症などのlt;br /gt;症状の特徴と原因を解りやすく説明し、これらの症状に対して腱をはじく方法の有効性を解説しました。lt;br /gt;加えて、人間の体は、利き手・利き足があるように非対称のため、左右同じ刺激やストレッチ運動法が有効でないことを示しました。lt;br /gt;そのうえで、自分でできる効果的な方法を紹介しております。lt;/pgt;lt;pgt;そのうちメインとなるのは、「腱を弾いてシコリを緩める」方法で、筋肉の張力を感知して緩めるlt;br /gt;センサーとしての 腱の作用を利用したものです。lt;br /gt;amp;nbsp;これは、江戸時代の按摩術の『解釈の術』を、解剖学や整体理論のもと進化させたものです。lt;br /gt;そのほかにも、古法按摩には、同じ体勢や動作の繰り返しを強いられる現代人の硬くなった体を癒す知恵がいっぱい詰まっています。lt;br /gt;江戸時代の施術法が、現代人の.パソコン・スマホ・タブレットの使いすぎ症状に、現代医学よりも効果があることは驚きですね。lt;br /gt;『按摩手引』という本の中には、江戸時代に江戸の町で暮らす人にはストレスがあったことが書かれ、lt;br /gt;ストレスで硬くなったみぞおちの気を散らす方法などが書かれています。lt;br /gt;lt;br /gt;明治維新の時に、文明開化の名の下、江戸幕府の痕跡を消すために、江戸時代の優れた東洋医学が禁止になり、lt;br /gt;診断と治療を併せ持つ按摩術は姿を消し、フランス生まれのマッサージがとってかわりました。lt;br /gt;現在のあん摩は、江戸時代に盲人により行われていた慰安・娯楽のあんまを、明治政府が視覚障害者の生業にとlt;br /gt;行わせたことに端を発しております。lt;br /gt;そんな中、歴史の変遷の中で消えていた本当の按摩術を現代にパワーアップする形でよみがえらせ、 lt;br /gt;自分でできる「セルフ腱はじき」「手のアーチ調整法」「バランスストレッチ」としてlt;br /gt;この本の中で公開することにしたわけです。lt;/pgt; Wed, 02 Mar 2016 00:00:00 +0900 ライターコラム 『パソコン・マウス症候群』には、古法按摩の『痙攣を解く方法』がよく効く http://sukkiri.tttown.jp/report/detail/report_id/2056/ lt;pgt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;以前は、「60歳こえているのに、五十肩になった」などと言われる方が多かったのに、最近若い人の四十肩が増え、lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;中高年の女性に多いとされていた腱鞘炎が、男女を問わず若い人にも多く見られます。これらの原因は、1日中、パソコンやスマートフォンを操作する方が増えたことです。lt;br /gt;lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt; テニスをしなくてもテニス肘 といわれるように、もはやパソコン肘と言った方が良いくらいです。lt;/spangt;lt;/pgt;lt;pgt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;同じ体勢で同じ動作を繰り返す時、筋肉は、lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;絶えず収縮しています。lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;とくに、指先を細かく動かすには、肩甲骨、肘、手首がしっかり固定される必要があり、固定する筋肉が働きつづけています。lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt; ボールを投げる、重い物を持ち上げるのと異なり、固定する、支える時の筋肉の収縮は筋肉の長さは同じで張力が大きくなる 『等尺性収縮』です。lt;/spangt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;等尺性収縮の場合、筋肉の中央(筋腹)でなく、筋肉の両端の腱の部分で痙攣が起こります。腱はlt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;骨に付着し、関節を動かす働きがあるので、痙攣すると関節が動きにくくなり、lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;動かしての痛みが発生します。lt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;腱の痙攣による症状は、マッサージ、整体などは効果がなく、ストレッチも酷い場合は効きにくい状況でした。lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt; そのため、自分自身が、五十肩になった時、これはヤバいと思いましたが、必死の思いで、効果のある方法を、自分を実験台に探しました。lt;/spangt;lt;/pgt;lt;pgt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;その結果、一番効果のある方法は、今は忘れ去られた、古法按摩の痙攣する筋を解く一手法『解釈の術』でした。解釈とは「解きほぐす、解き放つ」という意味を持っています。それはlt;/spangt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;、江戸時代の医学書、太田晋斎により著わされた『按腹図解』の中で、「婦女子などの三絃を弾くに、其の線を指頭にかけて軽く弾くが如くなす」と書かれています。いわゆる『腱をはじく』という方法ですね。lt;br /gt; 婦女子とは、力仕事の男衆と違って、縫い物や内職で手先を使う事を長くしている事の多かった奥さんや、手伝いをする子供たちの事で、そういえば、パソコンの操作と筋肉の使い方が似ていますね。lt;br /gt;lt;/spangt;lt;/pgt;lt;pgt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;しかし、生命に関わる傷病が優先となる時代において、この様な症状で庶民が按摩を受ける余裕が少ない事などより、何時しか消えて伝承する人もいない状況でした。しかし、パソコン・スマホによる新しい症状に、既存の治療法で効力が少なかった現状を打破できそうなのが、忘れ去られていた『古法按摩』であるというのが興味深いですね。lt;br /gt;lt;/spangt;lt;/pgt;lt;pgt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt;『解釈の術』は、当初は、筋腱に対して真横の刺激、一方通行の刺激あったはずですが、その後、気持ち良さを追求するあまり輪状に回し、往復に動かすようになり、現在のマッサージの『揉捏法』に姿を変えています。そのため、本来の痙攣を解く働きが薄れてしまったのです。lt;/spangt;lt;br /gt;lt;span style=quot;font-size: 10pt;quot;gt; また、当時の按摩術は、経絡の虚実を整える目的で『補瀉』を使い分けておりました。『補瀉』とは、刺激の強弱、方向、又は呼吸などで、現代においては、「筋肉の緊張(実)を緩め(瀉)、弛緩(虚)に力を付ける(補)」という形で応用していくと、高い効果に結びついております。lt;br /gt; まさに、「温故知新」ですね。lt;br /gt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;/spangt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;/pgt; Mon, 08 Jun 2015 00:00:00 +0900 ライターコラム 手のアーチ・足のアーチ http://sukkiri.tttown.jp/report/detail/report_id/2014/ lt;br /gt;基本的に人の身体は左右非対称です。利き手や利き足がある事からも、構造が左右で違うのはわかりますね。lt;br /gt;足には利き足構造側と軸足構造が、手には、利き手構造側と、支え手構造側があります。lt;br /gt;左利きを矯正したり、スポーツをする為に左利きにしたりするため、実際の利き手・利き足とは若干違う事があります。lt;br /gt;90パーセント以上の人が右側が利き手、利き足構造となり、利き手構造側と利き足構造側はlt;br /gt;同じ側となります。lt;br /gt;lt;br /gt;利き手・利き足の構造とは、手なら物を掴む・握る、足なら地面を掴み 早く歩く時の推進力になる側の足の構造です。lt;br /gt;そのため、屈筋の筋出力が大きく、手足のアーチは大きくなっています。lt;br /gt;利き手・利き足構造側は手・足が窄み、指と指の間隔が狭く、甲側に指の付け根の骨がゴツゴツと出て 手足の甲が分厚く見えますね。lt;br /gt;lt;br /gt;支え手・軸足の構造側は、手足アーチが潰れるため、指の間は広がり、手や足の全体も横に広がり体を支えやすい構造となっているのです。lt;br /gt;すなわち、利き手・利き足がスムーズに使うために関節を伸ばして支え 安定させる構造となっています。lt;br /gt;その為、伸筋の筋出力が大きい構造―屈筋が緊張している―となっています。lt;br /gt;lt;br /gt;オートマの車を運転する時、アクセルもブレーキを踏むのも右足ですが、いつでもその動きができるよう、lt;br /gt;左脚は支持・安定に働くため、長距離運転すると左側が疲れたり痛む事も多い様です。lt;br /gt;lt;br /gt;手も同じで、人が四足動物であった頃、食べ物を前足で食べる時、片方の前足で支えた名残と言われます。lt;br /gt;lt;br /gt;床に座った体勢から立ち上がる時、手を着くのは左手が着き易いですし、パソコンで右手でマウスを動かしてもlt;br /gt;肩や肩甲骨辺りがコルのは左が多いというのも、.パソコン操作中、無意識のうちに左手で支え、支える筋肉がlt;br /gt;収縮し続けているからです。lt;br /gt;lt;br /gt;もちろん、マウスを使う側は、屈筋の筋出力が大きいので、ばね指が起り易く、肩関節・腕の付け根の前側にlt;br /gt;最初の痛みが発生する事が多い四十肩・五十肩も、利き手構造側に起り易いと言えます。lt;br /gt;lt;br /gt;手足を片使いすると、手足のアーチの差が大きくなり、筋緊張のバランス、筋出力のバランスが崩れる事でlt;br /gt;症状が起ってくると考えます。lt;br /gt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;br /gt;lt;br /gt; Fri, 22 May 2015 00:00:00 +0900 ライターコラム 頭の骨の歪み、陥没は矯正できる http://sukkiri.tttown.jp/report/detail/report_id/362/ 頭の骨いわゆる頭蓋骨は意外と簡単に動くものです。頭の骨が大きい歪んでいると感じている人は多いものですが、矯正すると小さくなりスッキリとして頭が軽くなります。歪みの形は、下垂する、捩じれる事が殆どです。船橋中国堂整体院lt;a href=quot;http://www.chugokudo.netquot;gt;http://www.chugokudo.netlt;/agt; Thu, 05 Jul 2012 00:00:00 +0900 ライターコラム